遺族を支える様々な業者│葬儀屋と遺品整理業者に依頼する

お墓

故人の財産を整理する方法

ダンボール

部屋の明け渡しまでの作業

一人暮らしの高齢者、家族が亡くなった場合まず必要になるのが葬儀の準備や諸々の手続きです。人が亡くなった場合、残された家族にはやるべきことが山積みとなるのです。ただ、そんな中忘れてはならないのが遺品整理に関する作業です。一人暮らしで、しかも賃貸住宅に住んでいた人の場合、その賃貸契約の内容によっては早急に荷物を整理して部屋の明け渡しを行わなければいけません。大型の家具や家電など、すべての荷物を処分、整理するとなるとどうしても人手と時間がかかってしまうものなのです。ある程度家族の協力体制が成り立っている場合であれば良いのですが、仕事や学校の都合、体力的な問題でそれが無理なケースももちろんあります。そこで遺品整理を専門としている業者を活用すると、それらの問題が一挙に解決します。

業者活用のポイントとは

東京の場合、一人暮らしの高齢者も多く需要が高いことから遺品整理業者も複数点在しています。まずはそれぞれの業者の特徴、料金を見比べていくことからはじめていきましょう。遺品整理業者の中には東京であれば特別な出張費はなしで見積もりが可能というところもあります。必要に応じて見積もり依頼を出すことでより具体的な金額を把握していくことができるのです。東京の場合、業者の数が多いからこそその見極めが肝心になってきます。部屋の間取りで料金が変わるのか、それとも荷物の数によって金額が変動するのか、家具や家電の買取サービスはあるのかなど、細かな点でチェックを重ねていくことによって東京でもより予算や好みに合ったところを見つけることができるのです。