遺族を支える様々な業者│葬儀屋と遺品整理業者に依頼する

お墓

見積書をしっかりと

お墓

トラブルが多い

墓石に関するトラブルの中で多くなっているのが、価格に関するものでその原因の一つになっているのが、価格の提示を見積書ではなく口頭で行なっている石材店が多いということです。この業界ではお客さんが何も言わなければ見積書を出さない業者もあります。見積書を請求しても何らかの理由をつけて出さない業者も存在しています。仮に見積書が出てきたとしても、すごく大雑把なものでどのような石が使われていて何がどれくらいの価格なのかという詳細な項目がないものも存在しています。そのためにトラブルになりやすく、トラブルが起こったときに言った、言っていないなどの水掛け論になってしまい、お客さんが泣き寝入りせざるを得ないケースが多くなっています。

明細があるもの

墓石の価格のトラブルに合わないためにも見積書は必ず出してもらうようにしてください。出てきた見積書の項目が一式いくらといった大雑把な場合は、工事明細を出してもらうようにしてください。墓石の大きな項目としては、墓石代、加工代、付属品代、文字の彫刻代、工事代があります。中でも墓石代については石の種類と産地を必ず確認するように心がけてください。できれば使用する石の量まで出してもらっておくと比較検討がしやすくなってきます。またこれらのことにきちんと対応してくれる石材店を探すようにすることも大切なことになってきます。柔らかい石や奇抜な石は避けて、できるだけ硬い石を選ぶようにして、価格もはっきりと明細が提示してあるものを選んでください。